カテゴリー別アーカイブ: Media

2015.05.26 / Category:Media

「美的2015年7月号」に掲載されました

no-201507_magazine

「美的2015年7月号」に掲載されました。

5月23日発売7月号では「美のプロ100人」を総力取材! 美容のプロが「何をしているか」vs「していないか」をとことん追求します。100人中大多数がしていることはすぐに取り入れたいし、していないことはNG項目として知っておきたい…あなたのキレイ磨きに役立つ情報が満載です!

FullSizeRender 3

頭皮のかゆみが改善されて髪のツヤもアップ
「頭皮の調子が悪いな、というときにクレンジング。流すときのキュッと感と、乾かした後のツヤが好き」

– 小林有里さん/アクセサリーデザイナー・SAKURA専属Hot Mamaリーダー

小林有里さん公式ブログ
http://ameblo.jp/yk-hn-yr/

2014.06.06 / Category:Media, News

「Domani2014年7月号」に掲載されました

35歳、美しい髪のトリセツ〜夏ケアの巻〜

media_140606

肌と同じぐらい髪にも手をかけていますか?

髪を見れば年齢がわかる。なぜなら髪は、メークでごまかすことのできない、”素”で勝負するパーツ。加齢度合いが如実に人目にさらされてしまう。だから、実は顔以上にエイジングケアが必要。優しく丁寧に。新井、潤し、守るケアを。

頭皮は顔の倍以上の皮脂を分泌。
シャンプー前に詰まったコメドをクレンジング

頭皮は、毛穴が多くて皮脂分泌が盛んな部位。しかも洗うときは髪が邪魔となり、すみずみまで清潔に保つのが難しいパーツです。頭皮の毛穴が皮脂で詰まると、髪の根元がペタッと寝てしまい、老けた印象に。週に一度はシャンプー前の「クレンジング」で毛穴詰まりを解消。ふんわりとした軽やかさを復活させましょう。

2014.03.17 / Category:Media, News

創刊号「My Age」に掲載されました。

20140304_eclatmook

集英社のエクラから創刊された創刊号「My Age」に掲載されました。

ヘアー&メイクの山本浩未さんがご紹介いただいております。

髪が変われば、印象年齢が変わる。
もう一度、美人髪!です。

是非ご覧ください。

アンビエントシャンプーはアロマオイルとの相性が抜群に商品です!!
先日TVで話題になったもの忘れに効果があるアロマオイルで毎日をリフレッシュしませんか?

昼間は、
ローズマリー2滴
レモン1滴

夜は、
ラベンター2滴
オレンジ1滴

を嗅ぐことにより脳を活性化する効果が紹介されました。

アンビエントシャンプーはアロマオイルとの相性もとても良い商品です。
方法は、別容器30ml程度のものをご用意頂き、上記の量を入れシャンプーを混ぜるだけ。

目安として、1週間程で使い切る事をおすすめします。
それではAmbient Organicsで快適なアロマライフをお楽しみ下さい。

2013.12.16 / Category:Media, News

「GLOW1月号」に掲載されました。

cover_013_201401_ll

GLOW1月号の「40代女子気になる不調特集」にアンビエント エッセンシャル L-システインが掲載されました。お酒を飲む機会も増える、年末の多忙なこの時期に是非オススメです!

完璧な夜型生活から5時起きの生活にシフト/スタイリスト・岩崎聡美さん

めまいや耳鳴りは専門家のドクターに診てもらっています。できることはしようと、睡眠にも気を配るようになりました。遅くても11時までには眠り、5時には起きる朝方にシフト!
シンデレラタイムに眠って充電することで体調がよくなり、朝の目覚めもとてもよくなりました。しつこい頭痛や肩こりは、マッサージや指圧、ヨガで対応しています。

iwasaki

スタイリストの岩崎さんが疲れに応じて飲まれているアミノ酸やビタミンC、B2を成分に配合したサプリ「アンビエント エッセンシャル L-システイン」はこちらから。

2013.12.10 / Category:Media, News

「チョイス 2014 新春号」に掲載されました

87396_360240

ずっと若く、もっとキレイに

クレンジングからはじまる3ステップで、蘇る髪のハリ・コシ・ツヤ
今までのシャンプーの概念を根本から見直した新しい3セットヘアケア!

チョイス春号-アンビエントオーガニクス

2013.12.05 / Category:Media, News

「エクラプレミアム2013ベストヒット」に選ばれました

set_pc_300

シャンプー & トリートメント ダメージ30が「エクラプレミアム通販の2013ベストヒット」に選ばれました。

天然由来のナチュラル派。ふんわり立ち上がる髪に!
美容のプロが太鼓判を押したものだけ、厳選して尾届けしているエクラプレミアム。その優秀さは売れた数が証明。なかでも印象的に残ったのがこれ!(エクラプレミアム編集長・高岸睦美)
「計317本の売り上げ。天然由来成分でつくられたナリュラル派。ありがちなきしみ感がなく、根元からふんわり立ち上がる大満足のボリュームがあるのにまとまる髪に。」

ecla-best-hit

シャンプー & トリートメント ダメージ30
価格:6,930円(税込)

2013.09.06 / Category:Media, News

「eclat 10月号」で紹介されました

set_pc_300

美容ジャーナリスト齋藤薫さんに、シャンプー & トリートメント ダメージ30のセットを「eclat 10月号」で紹介していただきました。

【エクラ紹介文章 -美容ジャーナリスト 齋藤薫さんより-】
エクラ世代こそ、"女は結局髪なのだ" と痛感するはずで、シャンプーを選び直すならこれ。根元からふんわり立ち上がり、ハリツヤがいきなり生まれて、明らかに2ケタ若々しく見える。シルクペプチドに吸着型ヒアルロン酸、プラセンタを配合、エイジングケアとして本気。髪がイキイキする。

v_117935_00
輝き続けるエイジフリーな女性たちへ!エクラ10月号
10月号のeclatは、[創刊6周年記念 総力特集]45歳からはおしゃれも生き方も自分らしくや、目指すはちょい辛・こなれ感 45歳からは「ベーシック」を見直そう、ビューティ情報は「華顔」「涼顔」新作コスメで-10歳など気になるコンテンツが満載!

2013.07.16 / Category:Media

「ONE vol.5」に掲載されました

ONE vol.5

ONE vol.5
ONE vol.5

ゲッターズ飯田、紫月香帆、ジョニー楓など、激当たりすると話題の占い師に聞く開運の秘訣、パワースポット出雲の旅行ガイド、注目のスピリチュアル大学生CHIEの「幸せを呼ぶ小さいおじさん」を味方にする方法など、多方面から運気を上げる方法を紹介。
また、メンタル強化術特集では、サッカー日本代表の遠藤保仁選手、芥川賞作家の平野啓一郎、ベストセラー『考えない練習』著者の僧侶・小池龍之介…など、その道のプロに聞く、生きやすくなるヒントやいちいち傷つかない心の鍛え方を紹介。色んな面から自分を知って、新しい自分に生まれ変わりましょう。

2013.07.16 / Category:Media

「グッドエイジングでいこう!」に掲載されました

グッドエイジングでいこう!

グッドエイジングでいこう!
OilyBoy グッドエイジングでいこう!

いつまでも、若く、カッコよくいるために、45歳を超えた、ミドルエイジのためのグッドエイジングブック。歳をかさねるにつれ、どうしたって「年齢」という抗えないファクターが男の体に変化を与え始める。それは、頭髪にも皮膚にも眼にも現れる。それに加えて、問題となる加齢臭、歯、ひいては手にも足にも「年齢」は襲いかかってくる。こと、女性はDNAに刻み込まれた対処術に長けているらしく、上手に歳をかさねる術を知っているのだが、男性はそうではないのが現実だ。そこで「OilyBoy グッドエイジングでいこう! 」。歳とともに気になってくる3大ピンチの髪、歯、眼はどうしたらいいのか? いまや当たり前になってきている男性の美容、エステ、スパって実際はどうなんだ? 時間は料金は? などなど、ミドルエイジがカッコよく歳をかさねるために必要な美容的テクニック、グッズ、サプリ、頼れるクリニックなどを懇切丁寧にご紹介。現代は男性だっていい歳をかさねるためには、美容的なアプローチを心がけることが大切なのだ。古いクルマや腕時計がメンテナンス次第でいつまでも輝きを失わないように、男だってお手入れは大事です。

2013.05.28 / Category:Media

「VOGUE JAPAN7月号」に掲載されました。

VOGUE

VOGUE
VOGUE JAPAN7月号

「ヘアケアの基本は頭皮ケア!」と山本浩未さん。
必要な皮脂膜を残しながら刺激を与えず汚れを落とす。

「シャンプー前にジョジアンヌロールの頭皮用オイルをつけて軽くマッサージをしたり、同ブランドのクレームボリュームを使ったり。頭皮用ブラシはシャンプー時にアナスイを、日中にはセグレタの地肌マッサージャーと、2種類使用しています。シャンプー後は時間をおかず、すぐにパナソニックのナノイードライヤーで乾かします。朝は、サロン専用ラインのベータレイヤーエマルジョンというトリートメントを使ってスタイリングし、私の定番ボブスタイルを完成させます。また、ヘアカラーは2年ほど前からヘナで染めています。髪を痛めずツヤを保ちたいならヘナが一番!」

VOGUE JAPAN7月号